鱈(たら)の温活スープ

食材(3人分)

  • たらの切り身 3切れ
  • じゃがいも 中2個
  • 人参 1本
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 水 700cc
  • コンソメ顆粒 小さじ1.5
  • しょうゆ 大1
  • ケチャップ 大2

作り方

  1. たらは臭みを取るため、両面に塩をふって5分ほど置き、水分をキッチンペーパーでふきとる。(塩たらを使う場合は、この工程は不要)

  2. たらを3〜4等分に切り、じゃがいも・人参は、一口大に切る。玉ねぎは薄いくし切りにする。

  3. 鍋にオリーブオイルを少々入れて熱し、玉ねぎを加えて2~3分炒める。玉ねぎがしんなりして透き通ってきたら、じゃがいもと人参を加えて軽く炒め、水を700cc程入れて煮る。

  4. 野菜にある程度火が通ったらコンソメを入れて溶かし、タラを入れて時々煮汁を全体に回しかけながら、弱め中火で4〜5分加熱する。最後にケチャップを加え一煮立ちしたら出来上がり!

冬が旬の鱈は、栄養価が高く体を元気にしてくれる頼もしい食材です。免疫力の7割は腸でつくられると言われています。体に元気を与えてくれる鱈と、腸の働きを整えるじゃがいもと人参を一緒に温かいスープでいただく、正に免疫力アップの薬膳です!!

♡たらが苦手な子供達にも、食べやすい味付けにしてみました。

たら

補気補血の食材。体を元気にして体温を上げます。栄養価も高く心身ともに精力をつけてくれます。

玉ねぎ

気(体のエネルギー)の巡りをよくして体を温めます。

じゃがいも

胃腸を丈夫にし、また炎症も抑えてくれます、疲労回復にも良いです。

人参

胃腸を元気にし、消化をよくする働きがあります。又、目のトラブルの解消にも有効です。

♡ちょこっとメモ
大寒の季節です。寒さで身体が縮こまり、肩こり首こりが起こりやすくなります。薬膳料理で体を内側から整えると共に、寒くても小まめに動き、夜は湯船に浸かりしっかり身体を温めましょう。


薬膳アドバイザー「まゆみん」先生のレシピで冬の季節も健康に過ごしましょう!

☆他のレシピはこちらから↓

豆腐のブラマンジェ🍓苺&クコの実ソース

材料 (6個分) 《豆腐のブラマンジェ》 ...
続きを読む

菜の花のお手軽ちらし寿司

食材(2〜3人分) 米…2号昆布…5cm ...
続きを読む

鱈(たら)の温活スープ

食材(3人分) たらの切り身 3切れじゃ ...
続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

You Raise Me Up

次の記事

時がある