梅雨の季節の薬膳~そら豆と海老と豆腐の中華風炒め

梅雨の頃の体調

関東地方の梅雨入りも目前ですね。
梅雨に入ると、湿度が高くなりジトジトしますね。
私達の体も同じようにジトジトして次のような不調があらわれます。
●体が重だるい●頭痛、頭重●むくみ●食欲不振●胃もたれ●下痢や腹痛

そら豆には、体の余分な水分を取り除き、胃腸の働きを丈夫にする働きがあります。
水分代謝がUPする事で、体や頭の重だるさやむくみを軽減する効果があります。
海老は滋養強壮、又豆腐は消化器の働きを助け、食欲不振や胃もたれ、整腸にも役立ちます
そら豆以外の旬の緑豆(スナップえんどうやグリンピース等)にも同じような効能があるので、代用しても良いでしょう!

そら豆と海老と豆腐の中華風炒め

食材(4人分)

  1. そら豆 さや付き500g
  2. むき海老 300g
  3. 木綿豆腐 1丁
  4. えのき茸 半束
  5. 生姜のみじん切り 1片

調味料

  1. 酒 大1
  2. みりん 小1
  3. 塩 小1
  4. 鶏がらスープ 大3
  5. オイスターソース 大1

作り方

  1. 生姜のみじん切りを炒める、香りが立ったら、むき海老を加え炒める。
  2. そら豆(塩ゆでして薄皮を剥いたもの)、豆腐、えのき茸を加え、蓋をして蒸す。
  3. 豆腐に火が通ったら、調味料を入れて炒め合わせて、出来上がり♪
    調味料はお好みで調節して下さいね。

神様からいただいた聖なる宮である私たちの体にやさしいレシピを「薬膳アドバイザー」監修のもとにご紹介しています。薬膳について詳しくはこちら