黒柳眞理さんからあなたへのメッセージ

Wake Up! Open Your Mind

黒柳眞理さんプロフィール

エッセイスト、美容師、アルゼンチンタンゴダンサー、講師の「4足のわらじ」を履く。5歳からバレリーナを夢見てクラシックバレエを始める。チャイコフスキー記念東京バレエ団在団中、ボリショイサーカス・レニングラードのバレエ団とともに日本各地を講演するが19歳の時、足首悪性捻挫のためバレエを断念、美容の道へ。テレビ・ラジオのコメンテーターなどを経て現在は日本全国で公演活動中。父はバイオリニストでN響コンサートマスターの黒柳守綱、母は黒柳朝、姉は黒柳徹子。

エレミヤ書  17章 9、10 節

人の心は何よりも陰険でそれは治らない。誰が、それを知る事ができよう。
わたし主が、心を探り思いを調べ、それぞれの生き方により、行いの結ぶ実によって報いる。

わたしは随分前にこの聖句を見つけて以来このみことばをとても気に入っている。
ふつう詩編の美しいみことばの方が愛されるかもしれない。
主は私達を褒めてくださったりいやしてくださったり…。
でもこのはっきりと 人間は陰険でそれは治らない。
そう言い切る。ここが面白くて大好きなのだ。

修正して下さるのは簡単なのでしょうけれど この部分は さじを投げられた。

陰険 英訳では
Conspiracy. Sinister
でもやはりこの漢字 イントネーション
それがいちばんこのことばの雰囲気なのである。
ヘブライ語では分からないけれど、主は何をもってこうおっしゃったのだろう。
そして主をもってしてもなおらないど…。なにか笑ってしまう。
自分の中、内にもきっとそういう部分があるからなのだろう。
そしてこの句に続くみことばに安心し、甘えてしまう。

クリスチャンと言うのは清く正しく 陰険 なんて言う部分はもってはいけない‼️
そんな印象があるかも知れないけれど、主はこのままの私を愛してくださっている。
北海道弁  『良い振りこき』(良い子ぶること) はやめよう。

秋の雲が綺麗な空
黒柳眞理

八千代福音キリスト教会メンバーの黒柳眞理さんがコラムを寄せてくださいます。様々な経験をされた眞理さんならではのメッセージから元気をもらいましょう!

眞理さんのコラムをもっと読む

心を探る神様

エレミヤ書  17章 9、10 節 人の ...
続きを読む

与えあう愛

第一コリント13章13節「こういうわけで ...
続きを読む

永遠の想い

ヨエル書 2:28「年寄りは夢を見、若い ...
続きを読む

主を嘆かすこと

詩編77-12 わたしはあなたのなさった ...
続きを読む

全身を明るくして

ゼバニヤ書3-16、17恐れるな。気力を ...
続きを読む
MENU